軽量化された53種類のお洒落なWebフォント

最終更新
Category:
特徴
Tag:
テーマの特徴

contents section

Share

ここあです。

このサイトはブロックエディタ完全対応のWordPressテーマ
Readable(リーダブル)」の紹介および、
個人的な検証サイトになります。

公式サイトだけでは分からないことがたくさんあると思いますので、
ぜひ参考にしてください。

53書体のフォントから選び放題!

日本語表記の美しさにこだわったワードプレステーマ「Readable」では、
軽量化された53種類のWebフォント(和文フォント23:欧文フォント30)から
自由に選んで使うことができます。

実際、これだけのフォントを自由に選んで使えます。

しかも、フォントの太さ、大きさ、行間から文字間まで
細かく調整が可能です。

ですからフォントの使い分けだけで、サイト全体のデザインを
スタイリッシュに見せたり、カジュアルにしたり、可愛くするのも簡単です。

実際、あなたが今見ているこのデモサイトは、特に難しいことは何もしていません。

ただ自分が使いたい写真を無料素材写真サイトから探し、
フォントや色の設定をしているだけです。

なので、誰でも思い通りに綺麗なサイトを作れてしまう。
それがこの「Readable」のすごいところです。

本来、ここまで細かくやろうと思うと、CSSの知識は必須ですし、
微調整の作業はとても面倒なことになります。

ですが、それが設定1つで簡単に変えられるのだから、
これほどありがたいテーマはありません。

しかも書体を選ぶだけではなく、太さや文字間なども細かく調整できますので、
自分好みの世界観」を他のテーマよりも断然作りやすい設計になっています。

なので、複雑で細かい設定は苦手だけど、必要最低限の設定で、
自分好みのサイトを作りたい方に「Readable」はおすすめです。

ちなみに、このサンプルサイトはインストールから、
10記事書いて仕上げるまで半日程度しかかかっていません。

その理由は、ただ使いたい画像を選び、設定をポチポチしながらデザインを調整し、
自分が書きたいことを書くだけでブログが整ってしまうからです。

もちろん、そのための下準備は必要ですが、
たった半日でおしゃれなサイトに仕上げる方法」を
当サイトからの購入特典として解説してますので、

少しでも早く自分好みのデザインをサクッと作り、サクサク記事を書いて
ブログ運営したい方は「Readable」の導入をぜひ検討してみてください。

この記事を書いた人

writer

profile img

Cocoa

related post

関連記事

  • ReadableのカテゴリーIDを調べる

    ここあです。 このサイトはブロックエディタ完全対応のWordPressテーマ「Readable(リーダブル)」の紹介および、個人的な検証サイトになります。 公式サイトだけでは分からないこ

  • 可愛くも格好良くもできるテーマ!それがR

    ここあです。 このサイトはブロックエディタ完全対応のWordPressテーマ「Readable(リーダブル)」の紹介および、個人的な検証サイトになります。 公式サイトだけでは分からないこ

  • 最適な画像サイズと画像データを超軽くする